動画を配信して、人気を収入を得よう

youtuber

今では一つの職業として認知されてきているのが「YouTuber」です。
YouTubeに動画を投稿し、動画をたくさんの人に見てもらう。
その結果、動画が実際に再生された数が収入となります。
1日30分程度でもできる副業であるため、人気ですしこのYouTuberとしてテレビなどでも活躍するようになっている人も多数います。
何かしらの専門的な知識などが無くても、見る人を楽しませられることで、一気に大きな収入を手にすることができるのも魅力といわれています。

動画再生1回に対しての収益は0.1円?

動画再生1回に対しての収益は0.1円ともいわれていますので、1万回再生されれば1,000円、10万回だと10,000円となります。
ひとつの動画で数万回、数十万回というと非常に難しいですが、毎日1本動画をアップロードしてそれらが1万回ずつ再生されれば、それだけでも3万円もの副収入になるわけです。
また、動画に掲載されている広告の種類によっても報酬が変化するようです。
自分が好きなことを配信して、多くの人に共感を得ることができれば、人気者になって横のつながりを広げるといったこともできるでしょう。

世界中で人気になることも可能

また、YouTubeは世界中で利用されるサイトの一つなので、日本国内だけでなく世界中で人気になるということも不可能ではありません。
現に、PPAPで世界的な人気を得た芸人さんもいるでしょう。
それまで、あまり高い人気を得ることができずにくすぶっていたけど、動画を通して一気に有名になるわけです。
誰もが利用するからこそ、影響力の強い人が自分の動画を見て、広めてくれるなんてこともあるでしょう。
このように、横のつながりが広いというのも、YouTuberを副業としてするメリットといえます。

ハードルがそれなりに高い

しかし、このYouTuberとして働く場合にもいろいろと難点があったりします。
ひとつは始めるためのハードルがそれなりに高いということ。
最初はスマートフォンのカメラなどを利用して動画を撮影している人もいますが、それなりに多くの人に見てもらおうと思った時には、やはりカメラの性能などは必須となるため、出費も大きくなります。さらに、スタジオや音響、動画編集技術など様々な道具や技術も必要になってきます。
そうしたうえで、楽しい動画のネタを持っていることも要求されるためネタが切れてしまうと再生回数も落ちてしまうこともあります。

顔出しがネック

また、YouTuberの多くは顔出しで自らの顔をさらして動画を撮影していることも珍しくありません。最初の再生数が少ないころはそれでも問題はないでしょうが、人気になってくると、副業としていた場合には顔出しがネックとなってしまうケースもあります。
秘密の仕事にしていたのにそれが秘密ではなくなってしまうわけですから、問題ですよね。
そうした部分をクリアできていれば問題はないでしょうが、そうでない場合には事前に対策を立ててからスタートする必要があります。
他の副業では得ることが難しい、動画を見た人の反響や反応などもコメントでダイレクトに伝わってくるため、やりがいは非常にあるお仕事だといえるでしょう。